北村の家づくり

オンリーワンにこだわる北村の家づくり

挑戦し続けることをやめたら北村建設ではない。

北村建設では創業以来様々な建設・建築を行ってきました。住む人、使う人の立場で考え、単に個性的ではなく、使いやすさ、住みやすさを追求したハウスメーカーにはできない家づくりに常に挑戦しています。

旅館、医療・介護施設、工場、店舗など、法人、個人を問わず様々な建設工事で培った経験は、木造3階建てや、S構造、RC構造との混合構造など高い技術を必要とされる施工を生み出し、あらゆるニーズに対してクリエイティブな発想でお客様の期待にお応えします。

北村建設にしかできないことをやり続ける。それをやめてしまったら北村建設ではない。そこに我々北村建設のプライドがあります。

高耐久の答え、スケルトン・インフィル

建物を建てる上で考えていかなければいけないのが耐久性。高い耐久性能を持った家は長く住めることは勿論、時代に合せたリフォーム、家族構成への対応も容易でなければなりません。その答えの一つがスケルトン・インフィルとう考え方。

スケルトン・インフィルとは建物を構造体(スケルトン)と内外装・設備(インフィル)に分けて設計する考え方です。
これまでの建物の設計は耐久性を考えるときに柱の本数や位置、筋交い、耐久壁など間仕切りもかべの一部として考えられてきました。このためリフォームや間取りの変更などはその耐久構造に影響を与えるため、改めて考え直さなければならないか、耐久性を失ってしまう可能性を含んでいました。

しかしスケルトン・インフィルの考え方で設計された建物は、建物の強度を決定している構造体と内外装、設備が干渉することなく設計されているので、構造自体を変更しないで自由にインフィル部分、内外装・設備を変更することが出来ます。家族構成の変化などにも間取りの変更が自由に行うことが可能であったり、内外装、設備などが古くなっても建物を建て替えずリフォームしながら長く使用していくことが出来ます。

北村建設のおもいやり

土地探しからお手伝い

「こんな家にしたい、あんな家にしたい」家を建てるときの夢は沢山ふくらみます。でもどこに??土地が決まっていなくても大丈夫。北村建設なら北村グループのハウズと連携して土地探しからお客様の住宅購入をサポート。住宅購入の一連の手続きを一貫して任せていただけます。

長く住める家へ、住宅履歴情報を活用

北村建設ではお客様の大切な資産となる家に長く住んでいただくため「住宅履歴情報」の活用を推進しています。住宅履歴情報はお客様の住宅の設計、施工、維持管理、権利及び資産などに関する情報で、これらを蓄積、管理していくことで住宅の資産的価値をより長く保つことができます。

「いえかるて」お客様ログインページ

いえかるて

工事現場の状況を施主様へ毎日写真を送信。

工事の進捗状況は完成予定日が近づくにつれ日に日に気になるところです。しかしながら毎日現場に行くには大変。北村建設では現地画像送信システム「見える君」を採用。工事の進捗状況を適宜写真撮影し、これをデジタルフォトフレームを使い、お客様の下へ送信しています。これで現場に行かずとも毎日に進捗状況が確認できます。

自社管理で行うアフターメンテナンス

北村建設ではアフターメンテンスを定期的に実施しています。点検作業は他社や、下請け業者任せにせず、工事を請け負った者として責任をもって点検させていただきます。

お客様の大事な住宅に更なる安心を、住宅瑕疵担保。

平成21年10月より住宅瑕疵担保履行法がスタートしました。この法律は新築住宅を供給する事業者に対して、瑕疵の修理等が確実に行われるよう保険や供託を義務付けたものです。北村建設では「ハウスジーメン」および「財団法人住宅保障機構」へ加盟しており、万が一私たちの建築に瑕疵があった場合でもこれを担保しています。

保険金の支払い対象部位

木造(在来軸組工法)の戸建て住宅

2階建ての場合の骨組み(小屋根、軸組、床組)等の構成

  • 小屋組
  • 屋根
  • 斜材
  • 横架材
  • 床版
  • 土台
  • 基礎
  • 屋根からの雨水の浸入
  • 開口部
  • 外壁からの雨水の浸入
  • 外壁
鉄筋コンクリート(壁式工法)の共同住宅

2階建ての場合の骨組み(壁、床版)等の構成

  • 屋根版
  • 外壁
  • 排水管
  • 基礎
  • 基礎杭
  • 屋根
  • 開口部
  • 床版

以上の部位に瑕疵が合った場合、住宅取得者は事業者に対し補修等を請求できます。補修費用は事業者が保険会社に請求するか、事業者が倒産等で補修できない場合住宅取得者が直接保険金を請求できます。
※保険適用期間は10年です。

家づくりの流れ

着工前の流れ

土地の確認・仮土地決定
ハウズとの連携で土地探しからお手伝いできます。
お客様とのヒアリング
家の仕様、オプション的な設備などお聞きし、プランニングします。
費用概算
土地、建物、登記などすべての費用を確認し、住宅ローンの毎月の返済額をシュミレートします。
金融機関への事前審査
金融機関へ必要書類を提出し、住宅ローンの事前審査をおこないます。審査が通らない場合は金融機関を変えたり、借り入れ金額の見直しなど問題解決を図ります。
建物間取り、総予算決定
間取りを決め、建築に必要な各種パーツなどを決め建築にかかる総予算を算出します
各種本申し込み・契約
算出した総予算をもとに住宅ローンの申し込みをします。土地本契約、建物仮契約をおこないます。申し込みや、契約の際、住宅ローンの審査が通貨しない場合にすべての契約を白紙に戻すローン条項を付けます。
最終契約・土地登記等
建物本契約、土地決済、所有権移転を行い晴れて自分の土地になります。

着工から完成、引渡しまでの流れ

地鎮祭・見える君貸出し
工事の安全を祈願します。また、工事完成まで見える君が貸し出されます
地盤改良
検査により地盤の改良が必要な場合、地盤改良します。10年保証がつきます。
着工・基礎工事
ベテラン職人による安心の基礎工事。検査機構による検査も行われます。
上棟工事
ベテラン職人による安心の施工。図面どおりに施工されているか適宜検査機構による検査も行われます。
完成・完了検査
完成後、施工過程で行われてきた検査を経て完了検査が行われます。
引渡し
完成した家はハウスクリーニングされお客様へ引き渡されます。アフターメンテナンスも弊社が行います。

※施工過程の各検査は長期優良住宅の場合です。各検査は「日本住宅保証検査機構」または「ハウスジーメン」により行われます。
各検査において一つでも不備があれば改善要求が出され改善がないまま工事を進行することはできません。

暮らしのメロディー