住宅性能表示

北村建設ではすべての建物について住宅性能表示をしています。

10項目について品質と性能を評価しています。

住宅性能表示とは?

北村建設では新築していただくすべての建物について住宅性能表示を行っています。
国土交通省指定の第三者評価機関によって4回にわたる検査が行われ、その評価のすべてをお客様に開示し、説明させていただいています。

性能表示は建物の性能が数値的に表されるため、購入前後の安心感やあらゆる面でのメリットが生まれます。

評価項目

構造の安定
地震、台風の強い風、雪による重みなど、建物の大きな力が加わったときの建物全体の強さを数値で評価します。
火災時の安全
火災感知警報装置の設置状況や延焼のおそれのある部分について等級で評価します。火災時の脱出対策などについてもわかりやすく明示します。
劣化の軽減
建物の耐久性についての評価です。構造が大きな改修が必要になる期間を長くするための対策を等級で評価します。
維持管理への配慮
給排水官、ガス官など定期的な清掃・メンテナンス・補修が必要な箇所が容易にするための対策を等級で評価します。
温熱環境
断熱対策などを等級で評価します。冷暖房のエネルギーロスへの対策の評価ですが、地域により基準が異なります。
空気環境
建物の各部屋の内装や天井裏などの材質を明示します。壁紙や接着剤、木質建材などの特定建材についてホルムアルデヒドなどの発生量を数値化し各部屋、トイレ、浴室などの換気対策を明示します。
光・視環境
床面積に対する開口部の面積の割合を明示します。
音環境
建物の外壁に使用されているサッシ等がどの程度音を遮断するかを等級で評価します。
高齢者等への配慮
建物の中、出入りについて、バリアフリー化がどの程度か、また、介助の容易性がどれだけ配慮されているかを等級で評価します。
防犯
建物の開口部3区分(出入り口、窓、サッシ付窓)ごとに防犯性能を表示します。

住宅性能表示のメリット

1.住宅購入時の安心
住宅性能表示は第三者機関である指定住宅評価機関が評価したものなので、住宅購入時の比較検討材料の一定の物指しとして信用できる検討材料となります。
2.資金調達の安心
住宅性能表示のある住宅の購入に金融機関からの借り入れを行う場合、金利の優遇制度の対象となります。また担保価値が高くなるため担保評価額の90~100%までの借り入れが可能な場合があります。
※金融機関により内容が異なります。
3・設計・施工後の安心
万が一住宅施工会社や販売会社との紛争が発生した場合でも性能評価のある住宅の場合紛争処理がスムースになります。
4.アフターサービスの安心
住宅性能表示のある住宅は地震保険に加入時に耐震等級に応じて30%~10%の割引が適用されます。
5.売買時の安心
住宅性能表示のある建物は売却時に査定が有利になる可能性があります。また、買い手側も借り入れに優遇制度が受けられるなどのメリットがあるので、より売買しやすくなります。

暮らしのメロディー