床暖房
床暖房には床に温水を循環させる温水式と電気で発熱する方式とがあります。床暖房のメリットとしては部屋内での温度差が少なく室温にムラがない、輻射熱なので空気を汚さないなどです。しかし非常に寒い時などはすぐには部屋全体が温まるわけではないのでエアコンとの併用が必要です。
エアコン・蓄熱暖房
エアコンは壁付けタイプと天井埋め込みタイプで性能的な差はないが機能面で快適性が違ってきます。また、室外機にもエアコンごとに付くタイプや1台で複数台のエアコンに対応するタイプもあるので住宅環境にあわせて選択しましょう。蓄熱暖房はレンガなどの蓄熱体を温めその熱を徐々に熱を放出することで暖房します。輻射熱を利用するので空気の汚れがいのが特徴です。また深夜電力を利用するのでエアコンなどと同じ電気代で24時間家が暖かい。
空調・換気システム
住宅の高気密・高断熱化により強制的な換気のシステムの設置が2003年の建築基準法の改正により取り付けが義務付けされました。
暖炉・薪ストーブ
暖炉、薪ストーブともにガスや電気、エタノールなど薪以外を燃料にするタイプがあり比較的気軽に設置できるようになってきました。部屋の間取り、建物の規模や断熱性能などを考慮し選ぶと良いでしょう。