究極のエコ。ゼロエネルギーハウス
地球にやさしい家は人にも家計にもやさしい

ゼロエネルギーハウスって?

「住宅の省エネルギー化」は地球環境にやさしい暮らしの実現を目指す上で最重要課題のひとつになっています。「ZEH基準」は2020年までに求められている省エネルギー基準よりもさらに厳しく、高い「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせ、住まいの年間一次エネルギー消費量ゼロに限りなく近づける住まいです。

普及促進を目的としたZEH支援事業による補助金が用意されています*。また、狭小地など太陽光発電パネルを設置しにくいといった場合に配慮した「Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)」という基準が新たに設けられ、今後ますます住宅の省エネルギー化が進むことが期待されています。

*補助金事業は予算額・期間が定められており、無くなり次第終了です。また、本事業も数年に一度事業内容、補助内容など見直されます。

北村建設のゼロエネルギーハウス


ゼロエネルギーハウスは高い断熱、高効率な創エネシステム、優れた省エネアイテムが必要になります。高い基準が求められるアイテムに対し、北村建設ではコストパフォーマンスに優れたアイテムを厳選し、イニシャルコストを抑えつつも性能を犠牲にしない家づくりを提案します。

ZEH補助金について

ZEHゼッチ支援事業は、環境省・国土交通省・経済産業省との3省連携で進められる事業です。3省庁が連携し住宅の省エネ・省CO2化に取り組み、2020年までに新築される注文戸建て住宅の半数以上をZEH化し、2030年までに建売や集合住宅の平均でZEHを実現することを目指し創設された事業です。
環境省補助金について